魚介類お取り寄せ情報

新鮮な魚介類のお取り寄せ・通販の情報や魚介類を美味しく食べるための情報を発信しているブログ

魚介類の特徴と選び方

クチの中で淡雪のように消えゆく・・・【ブリ(鰤)】

2014/05/03

にほんブログ村 グルメブログ お取り寄せグルメへ

今日はブリ(鰤)へのこだわり・・・。

年末にブリ(鰤)を食べる習慣が特に私の住んでいるところではあります。
30日~31日にスーパーなどへ行くと、見ている間に売れていきます。

 

ブリ(鰤)の旬は12月~2月くらい。産地としては、山陰、佐渡、氷見(富山)、青森など。

ですから、私の生息している長野県には主に氷見のブリ(鰤)が多いようです。

築地のプロたちはこう言います。

「富山の氷見産の天然ぶりは身がよくしまっていて、ほどよい脂ののりで抜群に美味しい。脂ののりで言えば、九州の養殖ものが勝るけど、脂がしつこすぎる。逆に天然ものは脂が口に残らず、こってりなのにすっきり」

 

また、食べ方については

「背側の身は刺し身で、腹側は焼いて食べると美味しい」

 

さらに、マグロでは良くあるのですが、ブリ(鰤)も胃袋や心臓を塩焼きにすると美味しいそうです。

 

 

ブリ(鰤)の選び方
・目玉がこんもり膨らんでいるのは新鮮
・皮目の色つやがはっきりしているものが良い
・天然のブリ(鰤)は身が厚くても尾に向かってシェープしている
・養殖のブリ(鰤)は全体に丸い感じ

 

良いブリ(鰤)は、脂がのっているにも関わらず、その脂が舌に残らない・・・まるで淡雪のように消えゆく・・・と。

★☆参考・引用:
築地のプロが教える魚のさばき方と料理―旬魚全58種
築地&全国市場の歩き方

にほんブログ村 グルメブログ お取り寄せグルメへ

-魚介類の特徴と選び方
-,