魚介類お取り寄せ情報

新鮮な魚介類のお取り寄せ・通販の情報や魚介類を美味しく食べるための情報を発信しているブログ

魚介類の特徴と選び方

年末の売上NO.1【ズワイガニ(ずわい蟹)】

2014/05/03

ブログをご覧いただきましてありがとうございます!
食べたくなったら応援お願いします!

 ⇒にほんブログ村 お取り寄せグルメ

築地のプロたちはこう言います。

ズワイガニ(ずわい蟹)はこれぞ日本の蟹!深く冷たく荒い山陰の海のものが最上!」

 

ズワイガニ(ずわい蟹)は、年末になるとネット上のお取り寄せ商品として、とにかく多く出回っています。

楽天市場などを見ても、総合ランキングでも上位を独占していますね。

 

寒い時期に売れるようにズワイガニ(ずわい蟹)の旬は11月から2月。

 

ズワイガニ(ずわい蟹)がよく言われるのは脚を食べる蟹。

繊維がしっかりとしているので焼いてもくずれにくく、食べ応えがあります。

ボイルしたものや刺身、しゃぶしゃぶが定番ですが、ステーキやあんかけにしても身のジューシーさが生きて美味しいです。

 

産地としては、アラスカやロシア産のものがネット上では安く販売されていますが、築地の男たちが言うように、『これぞ日本の蟹』と言えます。ですから、国産が良いと言われています。

北海道産のものは比較的安いのですが、やはり日本海、山陰のものがブランド的にも美味しいと言われています。山陰のズワイガニ(ずわい蟹)は適度な水分と甘みがあり柔らかいです。

 

またズワイガニ(ずわい蟹)は、その獲れる地域で名前が違うのはご存じかと思います。

例えば、カニの最高級ブランドと言えば、間人ガニです。これは京都府京丹後市で獲れるもの。

そして、福井県で水揚げされるズワイガニ(ずわい蟹)は、越前ガニ

石川県沖で水揚げされたズワイガニ(ずわい蟹)加能ガニ

島根県、鳥取県、兵庫県、京都府で水揚げされたズワイガニ(ずわい蟹)の総称は、ご存じ松葉ガニと呼ばれています。

さらに、ズワイガニ(ずわい蟹)のメスを地域によって呼び名が違っていて、せこがに、せいこがに、こうばこ(香箱)、こうばこがに、こっぺがに、せこがに、親がになど。

メスのズワイガニ(ずわい蟹)の場合は脚の身入りがほどんどないので、内子と外子を食べます。これが実に美味しいですね。

 

ズワイガニの選び方

・活けものなら間違えなし。
・裏返して見たときに身が透き通っているものは新鮮。
・脚を触ってペコペコしているものは身がつまっていない。
・殻がゴツゴツしていて甲羅がいかついのはアラスカ産。

★☆参考・引用:
築地のプロが教える魚のさばき方と料理―旬魚全58種
築地&全国市場の歩き方

にほんブログ村 グルメブログ お取り寄せグルメへ

-魚介類の特徴と選び方
-,