魚介類お取り寄せ情報

新鮮な魚介類のお取り寄せ・通販の情報や魚介類を美味しく食べるための情報を発信しているブログ

魚介類の下ごしらえの前に

下ごしらえの前に

魚介類を下ごしらえをする前に準備しておきたいことがあります。これは、魚をおろしたことがある方であればお解かりだと思いますが、とにかく汚れる、散らかる!

けっこう、後片付けが大変ですよね・・・。特に、魚特有のヌメリや、内蔵、血などがまな板に付いたり、ウロコが飛び散ったり、包丁はもちろん汚れますし・・・。

プロの料理人はまな板も包丁もおろし用と水洗い用と使い分けていると聞きます。なかなか、ご家庭ではこのように分けるのは難しいと想いますのでせめて、魚専用のまな板は用意したいところです。

魚の臭いは、驚くほどまな板に付きます。また、魚を下ごしらえした後に、まな板や包丁を洗うスポンジなども可能であれば魚専用のものを使用した方が良いですね。

同じスポンジで例えば食器などを洗うと、よくスポンジをすすいだようでいても、臭いが食器に移ることがあります。

さらに、下ごしらえをしている間は包丁やまな板を固く絞った濡れふきんを手元に置いて 拭き取りながら作業をします。私はキッチン・ペーパーをふんだんに贅沢に使用しているのですが ふきんにも臭いが付きます。例えば、ふきんの色を変えて、魚専用のふきんは黄色のふきんにするとか決めて置けば 臭いが移ることがありませんね。

このようにいつも綺麗に常に綺麗にしておくことが大切で、だから、刺し身なども安心して食べることが出来るわけです。


Message

メールアドレスが公開されることはありません。