魚介類お取り寄せ情報

新鮮な魚介類のお取り寄せ・通販の情報や魚介類を美味しく食べるための情報を発信しているブログ

魚介類の水洗いの前に

ウロコをとる道具

まず最初に、水洗いをする前にウロコを取る必要があります。

魚の表面が乾いているとウロコが貼り付いていて、綺麗に取ることができませんので、一度水でサッと表面を濡らします。

大体の魚は包丁でウロコを取ることができますが、タイやスズキのような大型の魚でウロコが非常に大きい場合はウロコ取り(ウロコ引き)などを使用した方が楽です。

また、小型の魚でも、メバルやイサキのようにウロコがしっかりとしている魚には、同じようにウロコ取りを使用すると便利です。

サケやブリ、ハマチのようなウロコがごく小さい魚や、ヌメリの強い魚は、ステンレスの金だわしを使用すると ヌメリなども一緒にに取ることができますので便利です。

ひと通りウロコを取り終えたら、チェックをします。

特に頭やヒレの周りは取り忘れが多いので、その部分は包丁で残さず丁寧に取るようにします。

ウロコ取りのときに悩みなのは、ウロコがいろいろなところに飛び散ること。ウロコ取りの中には『ウロコが飛び散らない』というキャッチフレーズの商品もありますが、実際に使用をしてみると、飛び散らないではなくて『飛び散りにくい』というのが正解でした。

ですから、シンクな中に魚を置いてウロコを取ったり、大きなビニール袋の中に魚を入れて、ビニールの口から手を入れてウロコを取ったりする裏技もあります。

頭の落とし方

魚の頭の落とし方は基本的に2種類あって、ひとつはたすきに落とす方法です。

これは、腹ビレの尾側から胸ビレの尾側を結んだ線でまっすぐに切る方法。丁度魚に対しては斜めに切るようになります。刺し身のように、全て取り除いて料理をする場合にはこの方法で落とします。

もうひとつは、まっすぐ落とす方法。

これは胸ビレの頭側を魚と垂直に切る方法。焼き物や煮ものにする場合に、美味しいカマの部分を残すことができます。また筒切りなどの場合もまっすぐ落とす方法で切ります。


Message

メールアドレスが公開されることはありません。