魚介類お取り寄せ情報

新鮮な魚介類のお取り寄せ・通販の情報や魚介類を美味しく食べるための情報を発信しているブログ

基本の水洗い

魚の水洗いの基本は、頭を落としてから内蔵を取り除き水洗いをする方法です。ごく一般的な方法で、刺し身や切り身にするときにこの方法を使用します。

1・ウロコを取る

魚の頭を左側にしてまな板に置いて、左手で魚の目のあたりを持ち、尾から頭に向かって包丁を動かしながらウロコをこそげ取ります。

2・表面が終わったら魚を裏返して、同じ要領でウロコを取ります。
3・頭を落とす

ここではたすきに切り落とします。

4・腹を切り開く

今度は魚の尾の方を左側にしてまな板の上に置きます。頭の切り口から包丁を入れて、尾びれのて手前の肛門まで切り開きます。

5・内蔵を除く

包丁を腹の中に入れて、先で内蔵を引っぱり出すようにして少し出し、そのまま包丁で内蔵をまな板に押し付けてで押さえて、魚の方を引くようにして取り出します。

6・血合いを取る

腹を広げて中骨の上をまっすぐ包丁の先でなぞります。薄皮がありますのでそれを切る感じです。

7・水で洗う

流し水でウロコや血合いを洗います。特に血合いは指先などでこすり中骨の周りの黒い血合いが無くなってピンク色で綺麗になるまでしっかりと洗い流します。

8・水分を拭き取る

乾いたふきんやペーパータオルで腹の内側までしっかりと水分を拭きます。


Message

メールアドレスが公開されることはありません。